Blog-加藤登紀子

greenz.jp

これから伸びるのは、多様化する起業のグラデーションを理解している地方だ! 地方創生のリアルを見てきた木下斉さんと、ローカル起業とまちの未来について考えてみた。 (火, 18 12月 2018)
2014年に「地方創生」という政策が発表されてから早4年。全国各地で「創生」に向けて動いてきましたが、そのやり方や効果はそれぞれです。 ビジネスを通してまちを再
>> 続きを読む

若者のリアルな「根のある暮らし」を地方から全国へ。人気フリーペーパー『三浦編集長』を手掛ける三浦類さんに聞く、これからの広報紙の可能性 (Mon, 17 Dec 2018)
発行部数2万部のフリーペーパー。それが、人口400人の地方の小さなまちに本社を置く企業の広報紙だと聞くと、驚きませんか? 『三浦編集長』。この一風変わった名前の
>> 続きを読む

「beの肩書き」はどうすれば見つかるの? 『beの肩書き: 「人生の肩書き」は、プレゼントしよう』の立ち読みはこちら!〈vol.2〉 (Fri, 14 Dec 2018)
ユーダイモニアとヘドニア 第三章では、どうすればbeの肩書きがみつかるのか、その考え方や方法論をかいつまんでご紹介したいと思います。キーワードは「ユーダイモニア
>> 続きを読む

僕らが育てているのではなく、僕らも一緒にまちに育ててもらっているんです。親と子が共に育つ、出来事づくり。「visionAreal」共同代表おきなまさひとさん・中村路子さん (Wed, 12 Dec 2018)
誰もが、好きな場所で、気の合う仲間たちと共に暮らしていけたら。 そんな思いのもと、まちと人を“コト”でつなげようと、福岡県久留米市を中心に数々のプロジェクトを仕
>> 続きを読む

お金の暴走を食い止められるのは、ローカル・コミュニティの力。「銀行に成りさがるな」。信用金庫・信用組合の可能性は大きい (Mon, 10 Dec 2018)
昔から日本には「頼母子講(たのもしこう)」と呼ばれる、お金の相互扶助のしくみがあります。組合員が一定のお金を入れ、入札や抽選によって順にお金を受け取り、全員に行
>> 続きを読む