加藤登紀子

2010年

7月

05日

加藤登紀子の45周年記念アルバムは2枚組全37曲 2010.7.5

加藤登紀子が45周年記念アルバム『登紀子 男情歌〜SOUL SONGS〜』を7月5日にリリース。

このアルバムは、5年前にリリースした40周年記念アルバム『登紀子情歌~LOVE SONGS~』に続く企画で、石原裕次郎に提供した「俺の人生」やすぎもとまさとの大ヒット曲「吾亦紅」さらにはGREEEN「キセキ」といったカバー曲のほか、「時代遅れの酒場」「百万本のバラ」「琵琶湖周航の歌」など全37曲を2枚のディスクに収めている。

加藤は現在、このアルバムを携えての45周年コンサートを展開中。7月10日=サンシティ越谷市民ホール、11日=仙台市民会館と続いていく。

加藤登紀子公式

2010年

7月

05日

Twitter-加藤登紀子

2010年

7月

05日

Blog-加藤登紀子

greenz.jp

ファッションもメイクもネイルも好き。だけど、やりたいのはずっと農業! 茨城県大子町の農ギャル・野内菜々さんの自分らしい農業スタイルって? (金, 17 11月 2017)
野内菜々さん。写真を見ていただければわかるように、とてもきれいで笑顔がすてきな女性です。 かわいいものが好き。 ファッションが好き。 メイクも、ネイルも大好き!
>> 続きを読む

「当たり前の風景」を見つめ直したら世界はますますおもしろくなる!「Raubdruckerin」に学ぶ、街の新たな魅力の見つけ方 (木, 16 11月 2017)
なんでもないと思っていた人や街の風景が、いきなり魅力的に見えたことはありませんか? 相手や環境が変わったことで起こる変化もありますが、同じくらい、自分の視点の変
>> 続きを読む

社会を変えるためには、広報の力が必要だ。日本初のソーシャルグッド・NPO専門PRエージェンシー「ひとしずく株式会社」代表・こくぼひろしさんが取り組む“伝えない広報”とは? (水, 15 11月 2017)
LGBT、長時間労働、病児保育…。近年これらの社会課題は、認知度や共感が高まり、世の中のルールや風向き、捉えられ方が少しずつ変化してきています。 課題解決の一歩
>> 続きを読む

年間約5,000万円の売電収入! ゴミや再エネを地域資源として捉え直した、有田川町のエコなまちづくりはなぜ成功したか? (火, 14 11月 2017)
生活になくてはならないもの。その一つが電気ではないでしょうか。 今では、スイッチひとつ、コンセントひとつで自由に使うことのできる電気ですが、明治から昭和の初期ま
>> 続きを読む

大事なのは、決めすぎないこと。駐車場を市民が輝く場に変身させる「Park(ing) Day」は、どのように国際的なイベントに成長したのか? (月, 13 11月 2017)
道路のはずなのに、なぜか芝生の上でゆったりとくつろぐ人たち。 奇妙な違和感を感じさせるこの写真、もしかしたら見覚えのある方もいるのでは? 実はこれ、かつてgre
>> 続きを読む

greenz.jp

ファッションもメイクもネイルも好き。だけど、やりたいのはずっと農業! 茨城県大子町の農ギャル・野内菜々さんの自分らしい農業スタイルって? (金, 17 11月 2017)
野内菜々さん。写真を見ていただければわかるように、とてもきれいで笑顔がすてきな女性です。 かわいいものが好き。 ファッションが好き。 メイクも、ネイルも大好き!
>> 続きを読む

「当たり前の風景」を見つめ直したら世界はますますおもしろくなる!「Raubdruckerin」に学ぶ、街の新たな魅力の見つけ方 (木, 16 11月 2017)
なんでもないと思っていた人や街の風景が、いきなり魅力的に見えたことはありませんか? 相手や環境が変わったことで起こる変化もありますが、同じくらい、自分の視点の変
>> 続きを読む

社会を変えるためには、広報の力が必要だ。日本初のソーシャルグッド・NPO専門PRエージェンシー「ひとしずく株式会社」代表・こくぼひろしさんが取り組む“伝えない広報”とは? (水, 15 11月 2017)
LGBT、長時間労働、病児保育…。近年これらの社会課題は、認知度や共感が高まり、世の中のルールや風向き、捉えられ方が少しずつ変化してきています。 課題解決の一歩
>> 続きを読む

年間約5,000万円の売電収入! ゴミや再エネを地域資源として捉え直した、有田川町のエコなまちづくりはなぜ成功したか? (火, 14 11月 2017)
生活になくてはならないもの。その一つが電気ではないでしょうか。 今では、スイッチひとつ、コンセントひとつで自由に使うことのできる電気ですが、明治から昭和の初期ま
>> 続きを読む

大事なのは、決めすぎないこと。駐車場を市民が輝く場に変身させる「Park(ing) Day」は、どのように国際的なイベントに成長したのか? (月, 13 11月 2017)
道路のはずなのに、なぜか芝生の上でゆったりとくつろぐ人たち。 奇妙な違和感を感じさせるこの写真、もしかしたら見覚えのある方もいるのでは? 実はこれ、かつてgre
>> 続きを読む

Blog-加藤登紀子

加藤登紀子・ニュースクリッピング

母・加藤登紀子さんとのラジオ500回記念コンサート 加藤さんもゲスト出演 25日・西宮 /兵庫 - 毎日新聞 (金, 17 11月 2017)
毎日新聞 母・加藤登紀子さんとのラジオ500回記念コンサート 加藤さんもゲスト出演 25日・西宮 /兵庫 毎日新聞 歌手・加藤登紀子さんが次女のシンガーソングライター、Yaeさんと語り合うラジオ関西の番組「加藤登紀子の地球に乾杯!」(毎週月曜午後7時~7時半)の放送500回を記念したYaeさんのコンサートが25日、西宮市六湛寺町の海清寺楠会館で開かれる。農業を営むところも3 ...
>> 続きを読む

酒とともに歌に酔って 加藤登紀子さん公演 来月24日・梅田 /大阪 - 毎日新聞 (金, 17 11月 2017)
毎日新聞 酒とともに歌に酔って 加藤登紀子さん公演 来月24日・梅田 /大阪 毎日新聞 歌手、加藤登紀子さんが12月24日午後3時半から、大阪市北区茶屋町の梅田芸術劇場で年末恒例の「ほろ酔いコンサート」を開く。今年で40回目。歌に酔い酒に元気づけられるステージで、舞台と客席が一体となって1年を振り返る。 「ほろ酔い」は1971年、東京で一足早く ...
>> 続きを読む

歌で京酔わせたい・・・加藤登紀子さん12月公演 - 読売新聞 (水, 08 11月 2017)
歌で京酔わせたい・・・加藤登紀子さん12月公演 読売新聞 歌手の加藤登紀子さん(73)による年末恒例の「ほろ酔いコンサート」が12月17日、テルサホール(南区)で開かれる。「このコンサートでは私のすべてを出せる」という加藤さんが、少女時代を過ごした京都で36回目となる公演への思いを語った。(道念祐二). 京都での主な開催 ...
>> 続きを読む

加藤登紀子が5枚組ライブアルバム発売、70年代の貴重な音源も収録 - BARKS (火, 07 11月 2017)
BARKS 加藤登紀子が5枚組ライブアルバム発売、70年代の貴重な音源も収録 BARKS 1971年に始まった、加藤登紀子の<ほろ酔いコンサート>。会場で酒が振舞われ、加藤自身もほろ酔いで歌うこのコンサートは、多くのファンから愛され続け、2017年で45年を迎える。45周年を記念し、5枚組のライブアルバム『超録 加藤登紀子ほろ酔いコンサート 20世紀編』の ...
>> 続きを読む

加藤登紀子「ほろ酔いコンサート」アルバムに自信 - 日刊スポーツ (水, 01 11月 2017)
スポーツ報知 加藤登紀子「ほろ酔いコンサート」アルバムに自信 日刊スポーツ 加藤登紀子(73)が1日、アルバム「超録 加藤登紀子 ほろ酔いコンサート 20世紀編」(15日発売)発表会見を都内で行った。 会場で酒を振る舞う年末恒例の「ほろ酔いコンサート」の45周年を記念し、70年代の貴重なライブ音源を含む5枚組のライブ盤をリリースする。「ヒット曲 ... 恒例「ほろ酔いコンサート」亡き母思い歌う…(スポニチ)毎日新聞 加藤登紀子、101歳で亡くなった母への思い明かすスポーツ報知 加藤登紀子、酔っ払っても酔わせます 新アルバムは「コンサート丸ごと」サンケイスポーツ all 5 news articles »
>> 続きを読む

佐々木秀実15周年“饒舌”ライブ 加藤登紀子提供の新曲熱唱 - インフォシーク (土, 11 11月 2017)
インフォシーク 佐々木秀実15周年“饒舌”ライブ 加藤登紀子提供の新曲熱唱 インフォシーク シャンソン歌手の佐々木秀実(37)が10日、大阪・大丸心斎橋劇場でデビュー15周年記念コンサートを開いた。「15年を凝縮させた公演を」と、自身を見出してくれた故阿久悠さん作詞のデビュー曲「懺悔」から、加藤登紀子(73)が書き下ろした新曲「焦がれ星」までを熱唱した。
>> 続きを読む

加藤登紀子さんとRenさん、自作歌の合唱指導 いちご市1周年で「いちごの唄」 鹿沼 - 下野新聞 (金, 03 11月 2017)
下野新聞 加藤登紀子さんとRenさん、自作歌の合唱指導 いちご市1周年で「いちごの唄」 鹿沼 下野新聞 【鹿沼】「いちご市」宣言1周年を記念した「加藤登紀子(かとうときこ)いちごの唄コンサート」が12月3日、市民文化センターで開かれる。出演するシンガー・ソングライターの加藤登紀子さんとケーナ奏者のRenさん=足利市出身=がこのほど同センターを訪れ、佐藤信(さとうしん) ... and more »
>> 続きを読む

40周年を迎えた人気ラジオ番組公式本『おはようパーソナリティ 道上洋三ですWalker』は記念企画が目白押し!! - 時事通信 (土, 18 11月 2017)
時事通信 40周年を迎えた人気ラジオ番組公式本『おはようパーソナリティ 道上洋三ですWalker』は記念企画が目白押し!! 時事通信 ほかにも、佐渡裕や加藤登紀子など各界の著名人が「おはパソ愛を叫ぶ著名人インタビュー」や、出演した作家&アーティストの思い出エピソードもおりまぜながら紹介する「道上さんの好きな音楽&映画&本」のコーナーも読みごたえ抜群。 さらに、番組に子供たちから毎日届く、 ... and more »
>> 続きを読む

“勝手に”「いちご市」宣言から1年 イチゴ王国 栃木の鹿沼市その認知度は 12月に加藤登紀子さんがコンサート - 産経ニュース (日, 05 11月 2017)
“勝手に”「いちご市」宣言から1年 イチゴ王国 栃木の鹿沼市その認知度は 12月に加藤登紀子さんがコンサート 産経ニュース いちご市宣言1周年を記念して登場するのが、「知床旅情」「百万本のバラ」など多くのヒット曲で知られ、約50年も第一線で活躍する歌手、加藤登紀子さんだ。 鹿沼市民文化センター(同市坂田山)で12月3日、「いちごの唄」を作詞した加藤さんのコンサートを開催。作曲した同県 ... and more »
>> 続きを読む

日韓音楽家、平和奏で 89歳の声楽家が橋渡し 国立であす /東京 - 毎日新聞 (木, 16 11月 2017)
日韓音楽家、平和奏で 89歳の声楽家が橋渡し 国立であす /東京 毎日新聞 歌手の加藤登紀子さんらが紹介したことで日本でも知られる「鳳仙花」。作曲した洪は1898年生まれで、韓国を統治していた当時の日本に再三渡り、東京音楽学校(現東京芸術大)の予科に通ったほか、現在の国立市にあった東京高等音楽学院(現国立音楽大)を卒業した。
>> 続きを読む

作詞の「おときさん」ら出演 鹿沼で来月、いちごの唄コンサート - 東京新聞 (水, 08 11月 2017)
東京新聞 作詞の「おときさん」ら出演 鹿沼で来月、いちごの唄コンサート 東京新聞 イチゴをイメージアップに活用している鹿沼市の「いちご市」宣言一周年を記念して、「加藤登紀子 いちごの唄コンサート2017」が十二月三日、鹿沼市民文化センターで開かれる。開催を前に、加藤さんは自ら作詞した「いちごの唄」への思いやコンサートへの意気込みを語った。
>> 続きを読む

脚本家・倉本聰氏が富良野に残したもう一つの足跡。「くまげら」の門外不出の裏メニューとは? - メシ通 (火, 31 10月 2017)
メシ通 脚本家・倉本聰氏が富良野に残したもう一つの足跡。「くまげら」の門外不出の裏メニューとは? メシ通 北海道でも有数の人気を誇る観光地「富良野」。酪農中心の町だった富良野に注目が集まったのは1981年(昭和56年)に全国放送になったドラマ『北の国から』がきっかけだったと言ってもいいでしょう。五郎と純と蛍、そしてその周辺の人間たちが繰り広げる悲しくも熱く、強い生き ... and more »
>> 続きを読む

フコク生命「未来への手紙プロジェクト」に協賛/11月~ - 保険市場タイムズ (水, 08 11月 2017)
保険市場タイムズ フコク生命「未来への手紙プロジェクト」に協賛/11月~ 保険市場タイムズ 未来への手紙プロジェクト」とは、2008年に歌手の加藤登紀子さんが作詞・作曲した楽曲「君が生まれたあの日」をきっかけに、親から子どもに対して手紙を書こうという運動が始まった。翌年からはラジオ番組で親から子どもへの手紙を募集し、加藤さんが手紙を朗読してきた。
>> 続きを読む

サザン、ドリカム、EXILE…「禁断の恋うた」1位はあの曲! - ニフティニュース (土, 21 10月 2017)
ニフティニュース サザン、ドリカム、EXILE…「禁断の恋うた」1位はあの曲! ニフティニュース 禁断の恋ウタBEST10」第10位は加藤登紀子さんの曲を中森明菜さんがカバーした「難破船」。なんでもこの曲は加藤さんが中森さんにカバーを薦めたそうで、1987年に発売され大ヒットしました。 第9位は1993年に発売されたZARDの「もう少し あと少し…」。 リリース時、この曲は ... and more »
>> 続きを読む

「おはようパーソナリティ 道上洋三ですWalker」11/16(木)発売! 40周年を迎えたラジオ番組公式本で記念企画が目白押し - ウオーカープラス (金, 10 11月 2017)
ウオーカープラス 「おはようパーソナリティ 道上洋三ですWalker」11/16(木)発売! 40周年を迎えたラジオ番組公式本で記念企画が目白押し ウオーカープラス ほかに、佐渡裕や加藤登紀子など各界の著名人が「おはパソ愛を叫ぶ著名人インタビュー」や、出演した作家&アーティストの思い出エピソードもおりまぜながら紹介する「道上さんの好きな音楽&映画&本」のコーナーも読みごたえ抜群。 さらに、番組に子供たちから毎日届く、 ...
>> 続きを読む

スペシャル・ユニット・KOBUDO-古武道-10周年記念のツアーファイナル11月26日に東京国際フォーラム ホールCで開催! - PR TIMES (プレスリリース) (木, 26 10月 2017)
PR TIMES (プレスリリース) スペシャル・ユニット・KOBUDO-古武道-10周年記念のツアーファイナル11月26日に東京国際フォーラム ホールCで開催! PR TIMES (プレスリリース) その中でも、初のCM曲(クラシエ「いち髪」)に起用された「風の都」、TBS系ニュース番組「NEWS 23」のオープニング曲として1年間オンエアされた「翼」、新たな試みとして加藤登紀子、今井美樹、夏川りみといった女性ボーカリストをフィーチャーし、新境地を開いた4枚目の ... and more »
>> 続きを読む

国境なき子どもたち(KnK)設立20周年記念 チャリティパーティのご案内 - 時事通信 (木, 02 11月 2017)
国境なき子どもたち(KnK)設立20周年記念 チャリティパーティのご案内 時事通信 加藤登紀子さんの次女。 オフィシャルサイト http://www.yaenet.com/ - ラッフル抽選会(旅行券、ホテル宿泊券など多数ご用意しております) Yae 国境なき子どもたち(KnK)とは? 世界のストリートチルドレンや人身売買の被害に遭った子ども、大規模自然災害や国内騒乱で不 ... and more »
>> 続きを読む

加藤登紀子さん「核禁止に世界動いて」 ICAN平和賞 - 朝日新聞 (金, 06 10月 2017)
朝日新聞 加藤登紀子さん「核禁止に世界動いて」 ICAN平和賞 朝日新聞 《反戦、反核をテーマにした楽曲も手がける歌手の加藤登紀子さんの話》 核兵器廃絶を目指す運動に携わった団体の受賞が決まったことは素晴らしい。 広島と長崎で二重被爆した山口彊(つとむ)さんの記録映画で、主題歌とナレーションを担当した。被爆者ら戦争を知る世代の ...
>> 続きを読む

Tokiko's Kiss 対談 加藤登紀子×美輪明宏 人生は闘いの連続 - 毎日新聞 (月, 04 9月 2017)
毎日新聞 Tokiko's Kiss 対談 加藤登紀子×美輪明宏 人生は闘いの連続 毎日新聞 シャンソン歌手やシンガー・ソングライターとして道を切り開いてきた美輪明宏さん(82)。半世紀以上にわたって舞台を見続けてきた加藤登紀子さん(73)とともに闘いの道程を振り返りました。【構成・上東麻子、写真・御堂義乗】. 加藤 1957年にビジュアル系で歌った「メケ・メケ」は ... and more »
>> 続きを読む

故・阿久悠さん作詞家デビュー50年に岩崎宏美と北原ミレイが恩師を語る - スポーツ報知 (火, 07 11月 2017)
スポーツ報知 故・阿久悠さん作詞家デビュー50年に岩崎宏美と北原ミレイが恩師を語る スポーツ報知 加藤登紀子さんの曲を歌ったテープを事前に送って、私の声に合わせて詞を書いてもらった。主人公が自分の過去と犯罪を思い返す暗い曲で、阿久先生から『笑うな、しゃべるな、うつむいて歌いなさい』と暗~い歌い方を求められた」. 2曲目「棄(す)てるものがあるうちはいい」、3 ...
>> 続きを読む

Tokiko's Kiss 対談 加藤登紀子×野田秀樹 歌舞伎、新たな挑戦 - 毎日新聞 (月, 07 8月 2017)
毎日新聞 Tokiko's Kiss 対談 加藤登紀子×野田秀樹 歌舞伎、新たな挑戦 毎日新聞 演劇家の野田秀樹さん(61)作・演出の歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」が9日、東京・歌舞伎座で開幕します。「劇団夢の遊眠社」時代に圧倒的な人気を誇った作品で、演劇ファン待望の舞台です。東大演劇研究会の先輩にあたる加藤登紀子さん(73)と熱く語り合いました。
>> 続きを読む

山田かまちの歌「生きる」初披露 加藤登紀子さん作曲 出身地の群馬・高崎で - 産経ニュース (水, 13 9月 2017)
山田かまちの歌「生きる」初披露 加藤登紀子さん作曲 出身地の群馬・高崎で 産経ニュース 昭和52年に17歳の若さで亡くなった後、思春期の心情を鮮烈に表現した絵画や詩が高い評価を受けている山田かまちの詩「生きる」に、歌手の加藤登紀子さんが曲を付けて歌ったCDが10日、発売され、かまちの出身地、群馬県高崎市で開かれた「高崎音楽祭」で初披露され ... and more »
>> 続きを読む

加藤登紀子が安室奈美恵に“引退撤回のススメ” - スポーツ報知 (月, 02 10月 2017)
スポーツ報知 加藤登紀子が安室奈美恵に“引退撤回のススメ” スポーツ報知 その中から思い入れの強いコンサートをピックアップし、5枚組のライブ盤「超録!加藤登紀子ほろよいコンサート―20世紀編」を11月15日に発売する。今年のコンサートは11月18日の沖縄・ミュージックタウン音市場から、12月29日の東京・よみうりホールまで、全国8か所11 ... 加藤登紀子「自由でいい」安室に引退撤回OKと助言日刊スポーツ 加藤登紀子 イブに「ほろ酔いコンサート」ステージでお酒「たまらなくおいしいのよ」スポーツニッポン 加藤登紀子、安室奈美恵に「約束なんて破棄していいのよ」サンケイスポーツ デイリースポーツ all 6 news articles »
>> 続きを読む

Tokiko's Kiss 対談 加藤登紀子×尾野真千子 すごい女役、燃える - 毎日新聞 (月, 03 7月 2017)
毎日新聞 Tokiko's Kiss 対談 加藤登紀子×尾野真千子 すごい女役、燃える 毎日新聞 今回のゲストは女優の尾野真千子さん(35)。公開中の「いつまた、君と~何日君再来~」は向井理さんの祖母の人生を描いた映画で、尾野さんは戦後の混乱期に力強く生き抜いた母親を演じています。デビューから20年。今、直面しているのは……。加藤登紀子さんと語り合い ... and more »
>> 続きを読む

加藤登紀子、早世の詩人を歌う 山田かまちの詩をCDに - 朝日新聞 (月, 14 8月 2017)
朝日新聞 加藤登紀子、早世の詩人を歌う 山田かまちの詩をCDに 朝日新聞 40年前の8月10日に17歳で事故死した山田かまち。恋や人生に悩む姿が伝わる絵画や詩の数々は、今も人々をひきつける。歌手の加藤登紀子さんもその一人。詩の代表作「生きる」に曲をつけ、先月、CD用のレコーディングを終えた。9月にかまちの地元・群馬県高崎市で開か ...
>> 続きを読む

加藤登紀子さん、誕生百周年の「琵琶湖周航の歌」熱唱 滋賀・長浜で歌碑の除幕式 - 産経ニュース (日, 25 6月 2017)
毎日新聞 加藤登紀子さん、誕生百周年の「琵琶湖周航の歌」熱唱 滋賀・長浜で歌碑の除幕式 産経ニュース 旧制三高(現京都大)のボート部員が作詞し、歌手の加藤登紀子さんらが歌いヒットした「琵琶湖周航の歌」が誕生して今月で100周年となり、滋賀県長浜市で25日、記念に建てられた歌碑の除幕式が開かれた。式は湖岸にある長浜城近くの公園であり、加藤さんも出席。 誕生100年 高島で音楽祭 加藤登紀子さんと大合唱 周航隊と合流、今津着 /滋賀毎日新聞 all 39 news articles »
>> 続きを読む

加藤登紀子さん 公募の歌詞に命吹き込む - 毎日新聞 (火, 25 7月 2017)
毎日新聞 加藤登紀子さん 公募の歌詞に命吹き込む 毎日新聞 自殺防止のために活動する「ゲートキーパー」のテーマソングが完成し、歌手の加藤登紀子さん(73)が25日、東京都内のスタジオでレコーディングした。 ゲートキーパーとは、自殺の兆候を読み取り、悩んでいる人に声をかけて必要な支援につなげる役割の人。「今後10年で自殺 ... and more »
>> 続きを読む

誕生100年 音楽祭 心一つに熱唱 加藤登紀子さんら 大津 /滋賀 - 毎日新聞 (日, 02 7月 2017)
毎日新聞 誕生100年 音楽祭 心一つに熱唱 加藤登紀子さんら 大津 /滋賀 毎日新聞 琵琶湖周航の歌」誕生100周年を記念した「加藤登紀子プロデュース 第1回びわ湖音楽祭」が30日夜、大津市のびわ湖ホールで開かれた。県民のソウル・ソング(心の歌)にもなっている周航の歌を看板にした音楽祭に、会場の約1800席はほぼ埋まった。フィナーレは加藤 ... 琵琶湖周航の歌100年盛大に、出演者と観客一体で大合唱 第1回びわ湖音楽祭産経ニュース 「琵琶湖周航の歌」1800人熱唱 100年記念の音楽祭京都新聞 all 6 news articles »
>> 続きを読む

「山の日」記念全国大会 加藤登紀子さん、野口健さん参加 - 東京新聞 (日, 06 8月 2017)
「山の日」記念全国大会 加藤登紀子さん、野口健さん参加 東京新聞 県は、那須町で11日に開く「山の日」記念全国大会の詳細を発表した。同町文化センターで午前中にある記念式典とシンポジウムでは、歌手の加藤登紀子さんのコンサートや登山家の野口健さんらによるパネルディスカッションなどを予定。事前に応募した一般参加者約400人と ...
>> 続きを読む

加藤登紀子さんらが6月に音楽祭 - 産経ニュース (土, 11 3月 2017)
デイリースポーツ 加藤登紀子さんらが6月に音楽祭 産経ニュース の歌い出しで知られる「琵琶湖周航の歌」が誕生し今年で百年を迎えるのを記念し、歌手の加藤登紀子さんがプロデュースする「びわ湖音楽祭」が6月30日、大津市打出浜の県立びわ湖ホールで開かれる。加藤さんらは10日滋賀県庁で記者会見を開き、意気込みを語った。 加藤登紀子 かまやつさん悼むデイリースポーツ all 4 news articles »
>> 続きを読む